毒キノコによる食中毒に注意しましょう!

例年、キノコ狩りの時期に、毒キノコの誤食による食中毒や産地直売施設における毒キノコの販売事例が確認されています。今年は夏の猛暑の影響と不安定な天候により、例年とキノコの発生時期がずれており、毒きのこを間違って採取しやすい状態となっていることから、特に食中毒に注意が必要な年といえます。

これからキノコ狩りの時期を迎えるに当たり、次のことに気を付けましょう。

食用と確実に判断できないキノコは、絶対に採らない!食べない!売らない!人にあげない!

  • キノコの鑑定は専門的な知識が必要です。「・・・に似ている。」や「たぶん・・・だろう。」という素人鑑定はしないでください。
  • 自分だけは大丈夫、とは思い込まないでください。少しでも疑問があるなら、詳しい人に相談するか捨ててください。
  • 毎年、同じ時期に同じ場所に生えているキノコでも、食用に類似した毒キノコが混生していることがあるので十分注意してください。
  • 見分け方などに関する言い伝え(例:虫が食べた跡のあるキノコは食べてもよい。)は根拠がないので信用しないでください。

参考 

【厚生労働省】毒キノコに要注意!(リーフレット)PDFファイル(784KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

【厚生労働省】毒キノコによる食中毒に注意しましょうこのリンクは別ウィンドウで開きます

【厚生労働省】自然毒のリスクプロファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

【青森県】毒キノコによる食中毒に注意しましょう!このリンクは別ウィンドウで開きます

この記事へのお問い合わせ
健康管理係
先頭へ ホーム