外国人住民のみなさまへ

平成24年7月9日(月曜日)から外国人登録制度は廃止され、外国人住民の方は、住民基本台帳制度へ移行となりました。

対象者

  1. 中長期在留者
    「短期滞在」・「外交」・「公用」の在留資格以外の方で、3か月以上の在留期間が決定されている方。
  2. 特別永住者
  3. 出生による経過滞在者、国籍喪失による経過滞在者
  4. 一時庇護許可者、仮滞在許可者

上記1~4以外の方は、住民登録の対象とはなりません。

住民票の作成

新制度開始と同時に、対象者の方には日本人と同様に住民票が作成されました。
これにより、日本人と外国人で構成される世帯についても、世帯全員や世帯の一部の方が記載された住民票を取得することが可能となりました。

 

なお、以前の「外国人登録原票記載事項証明書」は取得できなくなりました。
居住地履歴や上陸許可年月日などの外国人登録の情報は住民票には記載されませんので、必要な方は法務省へ開示請求を行っていただくようお願いします。

 

法務省開示請求についてのホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

住所変更手続きについて

今後、転出する場合は、前住所の市町村役場へ「転出届」をして「転出証明書」の交付を受けてから、新住所の市町村役場に「転出証明書」を添えて「転入届」をする必要があります。
また、国外へ転出する場合も転出届が必要です。
住所変更手続きの際は、忘れずに「在留カード」・「特別永住者証明書」・「外国人登録証明書」のいずれかをお持ちください。(裏面に変更になった住所が記載されます)

在留カード・特別永住者証明書への切り替えについて

制度変更に伴い、中長期在留者の方には入国管理局にて「在留カード」、特別永住者の方には市役所にて「特別永住者証明書」が交付されます。
新制度において、しばらくの間はお手持ちの「外国人登録証明書」も有効ですが、有効期限は在留資格や年齢によって異なります。


下記の表をご覧になり、有効期限内に切り替えの申請を行ってください。

中長期在留者:永住者

施行日に16歳以上なら

「外国人登録証明書」の有効期限:2015年7月8日まで

施行日に16歳未満なら

「外国人登録証明書」の有効期限:「16歳の誕生日」と「2015年7月8日」の早い方まで

切替になるカードの名称

在留カード

切替申請・交付場所

入国管理局

中長期在留者:非永住者

施行日に16歳以上なら

「外国人登録証明書」の有効期限:在留期間満了日まで

施行日に16歳未満なら

「外国人登録証明書」の有効期限:「16歳の誕生日」と「在留期間満了日」の早い方まで

切替になるカードの名称

在留カード

切替申請・交付場所

入国管理局

特別永住者

施行日に16歳以上なら

「外国人登録証明書」の有効期限:登録証記載の「切替基準日」と「2015年7月8日」の遅い方まで

施行日に16歳未満なら

「外国人登録証明書」の有効期限:16歳の誕生日まで

切替になるカードの名称

特別永住者証明書

切替申請・交付場所

市役所

 

 

※施行日:2012年(平成24年)7月9日。

 

詳しくは、総務省・法務省のホームページをご覧ください

総務省ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

法務省入国管理局ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

新たな在留管理制度に関するお問い合わせ先

外国人在留総合インフォメーションセンター(平日8時30分~17時15分)

電話:0570-013904(IP電話・PHS・海外からは03-5796-7112)

この記事へのお問い合わせ
戸籍係
先頭へ ホーム