戸籍届出:転籍届

戸籍の所在地である本籍を移転したい場合、転籍届を出すことができます。

※住所を変更しただけでは、転籍はされません。

 

転籍の届出

届出人

戸籍の筆頭者およびその配偶者の両人です。

配偶者がいない場合は、筆頭者のみ(15歳未満のときは法定代理人)です。

※ただし、届書が完成されていれば使者が持参しても受付できます。

 

筆頭者が死亡している場合は、生存している配偶者です。

 

筆頭者およびその配偶者の双方が除籍されている場合は、他の在籍者から転籍の届出はできません。

 ※この場合には分籍届となります。

 

転籍の種類

1)管内転籍

  • 同じ市区町村内で本籍を変更することです。
  • 現在ある戸籍の本籍欄における本籍の記載が変更されます。

2)管外転籍

  • 他の市区町村に本籍を変更することです。
  • 戸籍を管理する市区町村が変更されます。
  • 転籍先の新戸籍には記載されない事項(旧戸籍からは移記されない事項)があります。

 

届出に必要なもの

1)届書

  • 届出人である戸籍の筆頭者およびその配偶者それぞれの自署・押印が必要です。
  • 筆頭者および配偶者はそれぞれ別の印鑑を押してください。
  • 記入には、鉛筆・消えやすいインキ・消せるボールペンを使用しないでください。
  • 届書は、市民課の窓口に備えてあるほか、当ホームページにもダウンロード用の様式がございます。

2)届出人の印鑑

  • ゴム印(スタンプ印を含む)はお使いいただくことができません。

3)戸籍全部事項(戸籍謄本)

  • 1通必要です。

   ※ただし、管内転籍(同市区町村内での転籍)の場合は不要です。

この記事へのお問い合わせ
戸籍係
先頭へ ホーム