新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための軽自動車税(種別割)の課税上の取扱いについて

総務省からの通知により、軽自動車の保有関係手続に関し新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、3月末に窓口での申請手続が集中する傾向を回避するため、令和3年4月1日を賦課期日とする軽自動車税(種別割)に限り、一定の要件を満たした場合、4月以降の申告であっても3月中にそれらの申告の根拠となる事由が発生したこととし、課税することになりました。 

 

1.一定の要件 

三輪以上の軽自動車で、3月中にそれらの申告の根拠となる事由が発生したものと証する書面の提出があり、かつ、その事由発生から道路運送車両法に基づく15日以内に手続がなされたものであった場合。 

 

2.対象手続き 

(1)永久抹消登録を行う場合 

(2)移転登録及び一時抹消登録を同時に行う場合 

(3)移転登録及び輸出抹消仮登録を同時に行う場合 

(4)解体を伴う自動車検査証返納届出を同時に行う場合 

(5)所有者名義変更を伴う自動車検査証返納届出を同時に行う場合 

(6)所有者名義変更を伴う輸出予定届出を同時に行う場合 

 

3.手続窓口  

※ 詳しくは手続窓口である 軽自動車検査協会のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます をご確認ください。

軽自動車検査協会青森事務所八戸支所 電話:050-3816-1832

この記事へのお問い合わせ
諸税係
先頭へ ホーム