熱中症に気を付けましょう

 今年は、全国の広い地域で1951年の統計開始以来、最も早い梅雨明けとなり、6月末からは記録的な暑さとなりました。そのため、6月末から7月はじめにかけて、熱中症による救急搬送人員、死亡者数は例年になく高い水準となりました。

 これから8月にかけては、全国的に1年で最も気温が高くなる時期であり、熱中症のリスクは引き続き非常に高くなることが考えられます。

 熱中症対策として、以下の4点に気を付けてください。

 

1.熱中症警戒アラートの活用について

 熱中症アラートの発表状況を確認し、以下の予防行動の徹底をお願いします。

・昼夜問わず、エアコンを適切に使用する

・不要不急の外出はできるだけ避ける

・高齢者等の熱中症のリスクが高い方に声を掛ける

・外での運動は、原則、中止/延期する

・のどが渇く前にこまめに水分補給する

<参考情報>

熱中症警戒アラート

https://www.wbgt.env.go.jp/alert.phpこのリンクは別ウィンドウで開きます

環境省熱中症予防情報サイト

https://www.wbgt.env.go.jpこのリンクは別ウィンドウで開きます

熱中症に関するリーフレット

https://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_pr.phpこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

2.エアコンの適切な使用について

 エアコンの使用につき、この夏の電力の安定供給に必要となる水準を確保できる見通しです。熱中症も懸念されるこの夏は、命や健康を守るため、無理な節電をせず、躊躇することなくエアコンを適切に使用してください。

 

3.マスクを外すことについて

・近距離(2m以内を目安)で会話するような場合を除いて、屋外ではマスクを外してください。

・学校生活における児童生徒等のマスクの着用については、参考情報に掲げる文部科学省の事務連絡を御参照ください。

<参考情報>

厚生労働省:マスク着用について

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00001.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

文部科学省:学校生活における児童生徒等のマスクの着用について

http://www.mext.go.jp/content/20220525-mxt_kouhou01-000004520_01.pdfこのリンクは別ウィンドウで開きます

文部科学省:夏季における児童生徒のマスク着用について

http://www.mext.go.jp/content/20220610-mxt_kouhou01-000004520_01.pdfこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

4.停電時の熱中症対策について

停電時の熱中症対策として、以下の点に気を付けてください。

・カーテン、すだれなどで日光を遮り、また風通しをよくする

・飲み水をできるだけ多く備蓄し、こまめに水分を補給する

・停電による耐水に備え、電力需給ひっ迫注意報発表時等においては、バケツや浴槽に水を貯める

・可能なかぎり冷房設備が稼働しているところへ避難する

この記事へのお問い合わせ
農林畜産課 農政推進係
先頭へ ホーム