農薬の適正使用について

 青森県では農薬による事故の発生を防止するために、5月1日から8月31日を「農薬危害防止運動」の実施期間としています。

 農薬は、正しく使用することによって、効果と安全が確保されます。

 思わぬ事故を防ぐためにも、農薬の正しい知識を身につけるとともに、周りに配慮しながら適正に使用することにより、安全・安心な農作物の生産に努めましょう。

 

注意事項

・農薬を使用する際は、事前に周辺住民に対して、使用日時や散布農薬等の情報を周知しましょう。

・粒剤等の飛散の少ない農薬を選択しましょう。

・飛散低減ノズル、飛散防止カバーを使用しましょう。

・無風又は風の弱い日に使用しましょう。

・クロルピクリン剤を施用したら、必ず厚さ0.03mm以上のシート等で被覆しましょう。

・水田で使用した農薬が、河川に流れるのを防ぎましょう。

・散布器具の洗浄は十分に行いましょう。

・使用済みの空き缶等は、周囲に影響を及ぼさないよう適切に処分しましょう。

体に異常を感じたら・・・

 農薬の中毒症状には、おう吐、下痢、腹痛、頭痛、かぶれなど様々あります。体に異常を感じたら、直ちに医師の診断を受けてください。

 また、周辺住民から体調不良等の相談があった場合は、医師の診断を受けるように勧めてください。

 その他、ご不明な点がある場合、下記の日本中毒センターへお問い合わせください。

 

〇公益財団法人 日本中毒情報センター

■大阪中毒110番(365日 24時間対応) 072-727-2499
■つくば中毒110番(365日 9時~21時) 029-852-9999 

この記事へのお問い合わせ
水田政策係
先頭へ ホーム