十和田市過疎地域自立促進計画について

市では、平成28年度から平成32年度までの5年間を計画期間とする「十和田市過疎地域自立促進計画」を策定しました。
この計画は、過疎地域自立促進特別措置法が延長されたことに伴い、平成22年に策定した計画(平成22年度~平成27年度)に引き続き策定したものであり、過疎地域に指定されている旧十和田湖町地域の住民福祉の向上、雇用の増大、地域格差の是正などに寄与することを目的とするものです。

なお、この計画は下記のとおり一部変更を行いましたので、お知らせします。

 

・平成28年3月17日

十和田市過疎地域自立促進計画策定


・平成28年6月14日 一部変更

十和田湖診療所維持運営事業の内容及び事業費を変更


・平成28年11月15日 一部変更

国立公園施設整備事業を追加


・平成28年12月14日 一部変更

情報通信基盤整備推進事業を追加


・平成29年6月23日 一部変更

公共施設等総合計画との整合についての記載を追加

 

・平成30年3月13日
八甲田パノラマパークゴルフ場施設整備事業を追加
法量橋補修事業を追加
銀杏橋解体事業を追加
一部変更 八甲田パノラマパークゴルフ場施設整備事業の事業費を追加
焼山地区活性化事業の事業費を追加
下山橋補修事業を追加

 

十和田市過疎地域自立促進計画_平成30年3月改正PDFファイル(1401KB)

十和田市過疎地域自立促進計画 事業計画(参考資料)平成30年3月改正PDFファイル(387KB)

 

※ 本計画において掲載した事業は、計画期間内での全事業の実施が確定したものではないことを申し添えます。

※ 計画変更のうち、「事業区分の追加又は中止」及び「大幅な事業量の増減」など計画全体に及ぼす影響が大きいものについては、議会の議決を経る必要があります。

この記事へのお問い合わせ
政策企画係
先頭へ ホーム