青森労働局からのお知らせ

2019年11月12日

冬期特有の労働災害を防止しましょう NEW

 冬期間において、除雪、低温及び強い季節風等の冬期特有の気象条件の影響を受け、積雪・凍結・寒冷に起因した転倒・墜落災害及び車両等のスリップ事故による労働災害が多く発生しております。

 特に冬期労働災害のうち「転倒」は全体の76.8%(平成30年度)を占め、けがの多くは骨折等重症となっております。

転倒災害の防止対策

教育

     冬期における転倒災害の防止対策、転倒しやすい場所等を労働者に教育、周知しましょう。

除雪

     使用する機械、用具を考慮した作業計画を立てるとともに、準備運動を実施し無理のない姿勢で行いましょう。

服装

     防寒対策と合わせて冬道に適応した靴底の靴を着用しましょう。

歩行

     積雪・凍結路面は、小さな歩幅で足の裏全体から着地するように歩きましょう。

青森労働局HP

    https://jsite.mhlw.go.jp/aomori-roudoukyoku/newpage_00267.html

 

 

2020年(令和2年)4月1日施行 パートタイム・有期雇用労働法

 2020年(令和2年)4月1日に施行される(中小企業は2021年4月1日適用)パートタイム・有期雇用労働法により、パートタイム労働者・有期雇用労働者は正社員との間の待遇差について事業主に説明を求めることができるようになります。

 また、青森労働局では雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保のための「特別相談窓口」を設置しています。

 詳細は青森労働局雇用環境・均等室へお問い合わせください。

 

問合せ

   青森労働局雇用環境・均等室  TEL:017-734-4211 平日8:30~17:15

36協定等働き方改革関連情報

労働基準法の改正に係る、36協定届の記載例や年次有給休暇の時期指定義務についてリーフレットが作成されました。下記よりダウンロードくださるか、URLよりご確認ください。

 

リーフレット

36協定届の記載例.pdf(1009KB)

36協定届の記載例(特別条項).pdf(1MB)

36協定で定める時間外労働及び休日労働について留意すべき事項に関する方針.pdf(672KB)

年次有給休暇時季指定義務.pdf(1MB)

青森労働局URL

     https://jsite.mhlw.go.jp/aomori-roudoukyoku/newpage_00103.html