農作業中の熱中症に気を付けましょう

 近年、日本全国で記録的な暑さが記録されており、今年度においても同様の傾向となるようです。

 これから8月にかけては、1年で最も気温が高くなる時期であり、熱中症のリスクが非常に高くなります。青森県では、農作業中の熱中症を未然に防ぐために、「熱中症予防運動」を実施します。

 

1.重点期間

令和6年6月1日(土)~令和6年8月31日(土)

2.熱中症対策ポイント

〇高温時の作業は避けましょう

〇こまめな休憩と水分・塩分補給を行いましょう

〇1人での作業はできるだけ避けましょう

〇熱中症対策グッズ(帽子・空調服等)を活用しましょう

3.以下の症状が出たら熱中症化もしれません

〇めまいや立ちくらみ

〇筋肉痛や筋肉のけいれん

〇大量の発汗

〇体のだるさ・頭痛・吐き気

〇呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

4.熱中症の疑いがあったら、すぐに応急措置をしましょう

①作業を中断し、涼しい場所へ移動しましょう

②衣服をゆるめ、体を冷やして体温を下げましょう

③塩分や水分を補給しましょう

④応急措置をしても症状が改善しない場合には、医療機関で診察を受けましょう

 

青森県HP「STOP!農作業事故」.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

この記事へのお問い合わせ
農林畜産課 農政推進係
先頭へ ホーム