研究員制度

1 趣旨

教育研修センターは,市立小・中学校の教育活動の活性化と,管下教職員一人一人の資質の向上を目指して研究員を委嘱する。研究員は下記の活動を通して,管下小・中学校の教育研究や研修に寄与する。

2 委嘱期間

原則2年間とし,市内の小・中学校から15名募集する

3 活動内容

  1. 今年度のテーマに関する内容の研究に取り組む。また,その実践結果に関する報告書(紀要 「拓く」)を作成する。
  2. 教育実践発表会に参加し発表する。
  3. 市内小・中学校から要請があった場合は協力する。  

テーマ

児童生徒の「確かな学力の向上」を図る授業はどうあればよいか

~主体的・対話的で深い学びの実現に向けて~

目的

確かな学力の向上を図るために,前年度の県学習状況調査実施報告書やこれまでの授業実践を手がかりに,自校の実態に対応した授業改善に取り組む実践的研究を行い,成果と課題を明らかにする。

この記事へのお問い合わせ
指導係
先頭へ ホーム