長引く咳は結核かも!

9月24日~9月30日は結核予防週間です。

結核は、患者数及び罹患率(人口あたりの新規結核患者数)が順調に減少しているものの、今でも年間約15,600人弱の新しい患者が発生している日本の主要な感染症です。

青森県でも、平成30年に新たに、127人の新しい患者が発生しています。

咳や痰が2週間以上続く場合は、医療機関を受診しましょう。 

特に乳幼児は、結核に感染すると重症化になりやすく、生命に関わることもありますので、生後5カ月~8カ月の間にBCGワクチンの接種(生後1歳まで無料)を受けましょう。

 

関連情報

【青森県庁】結核情報このリンクは別ウィンドウで開きます

【厚生労働省】結核(BCGワクチン)このリンクは別ウィンドウで開きます

この記事へのお問い合わせ
健康管理係
先頭へ ホーム