「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント

高齢者の皆さまとご家族の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症は、高齢者や基礎疾患のある方がかかると重症化しやすいことがわかっています。

手洗いなどの感染予防を心がけ、人が多く集まる場所にはなるべく行かないよう注意しましょう。

 

ただし、高齢者にとっては合わせて「動かないこと(生活不活発)」による、健康面の影響が心配されます。

 

年齢と共に心身の活力(筋力や認知機能など)が低下し、健康や状態から徐々に介護が必要な状態に移行していく中間の段階を「フレイル」といいます。

 

しかし、このフレイルは、早めに生活習慣を見直すことで、健康な状態に戻ることが可能な時期でもあります。 

 

自宅でも軽い運動と栄養価が高い食事を!

動かない時間を減らし、自宅でもできるちょっとした運動をするようにしましょう。栄養バランスのとれた、1日3食の食事をとることも大切です。

また、家族や周囲の皆さんが、高齢者のささいな不調にできるだけ早く気づいてあげることも重要です。

 

日本老年医学会では、先の見えない自粛生活でのフレイル予防についてポイントをまとめています。ご覧いただき、フレイルを予防し、抵抗力を下げないようにしましょう。

 

「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイントPDFファイル(895KB)

 

日本老年医学会のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

また、厚生労働省でも、「食べて元気にフレイル予防」のパンフレットを公開していますので、是非ご覧ください。

厚生労働省「高齢者のフレイル予防事業」ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

この記事へのお問い合わせ
高齢者総合支援係
先頭へ ホーム