十和田市徘徊高齢者等支援事業をご利用ください。

認知症等により高齢者が行方不明になったり、事故にあうなどの事例が全国的に増えています。長い間道に迷うことで、体力の消耗、衰弱、脱水、転倒による骨折、交通事故等、命にかかわる危険があります。 

そこで、十和田市では、行方不明となった高齢者等を早期に発見・保護できるよう「十和田市徘徊高齢者等支援事業」を実施しています。 

1.徘徊高齢者等支援事業とは

自宅に戻れなくなるおそれのある高齢者等の情報をあらかじめ登録する「事前登録」と、行方不明になった際に情報提供を呼びかける「情報配信」があります。

 

2.事前登録について

高齢者の情報を高齢介護課に申請・登録すると、あらかじめ警察へ情報が提供され、行方不明時の捜索情報となり、また保護時には保護者等への連絡が円滑に行われます。

登録対象者

市内に住所を有する者のうち、以下のいずれかの要件を満たす者。 

  • 65歳以上の行方不明になるおそれのある者 
  • 若年性認知症等により行方不明になるおそれのある者

申請可能な方

  • 登録対象者本人 
  • 登録対象者の配偶者または3親等以内の親族 
  • 登録対象者の成年後見人・保佐人・補助人 
  • 登録対象者が現在利用している介護サービス提供事業者

提出するもの

提出先

十和田市役所 1階 高齢介護課 

登録後

登録番号と十和田警察署の電話番号が記載された「みまもりキーホルダー」をお渡しします。 

お渡しするキーホルダーは、大・中・小の3種類で計3個です。

 

キーホルダーは、以下の活用例を参考に、よく持ち歩くものや見えるところにつけておきましょう。 

  • 大はリュックサックやバッグ 
  • 中は小さめのバッグや杖 
  • 小は財布や帽子、ジャンパーのファスナー
    など

 

3. 情報配信について

警察に行方不明高齢者の届け出があった場合、その特徴などの情報を保護者の方の同意を得た内容のみ「駒らん情報めーる」で配信します。 

配信を受け取った方は、可能な範囲での協力、情報提供をお願いします。 

 

「 駒らん情報メール」とは、十和田市のイベント情報や気象・災害情報等を、登録者の携帯やパソコンにメールで配信するサービスです。 

より多くの皆さんが登録することで、地域ぐるみでの早期発見・保護につながります。 

ぜひ、「駒らん情報めーる」にご登録ください。登録方法はリーフレットをご覧ください。 

 

すでに「駒らん情報めーる』に登録している方は、「行方不明者」のカテゴリーにチェックが入っているか確認をお願いします。

 

十和田市徘徊高齢者等支援事業リーフレット(表)PDFファイル(354KB)

十和田市徘徊高齢者等支援事業リーフレット(裏)PDFファイル(397KB)

この記事へのお問い合わせ
高齢者総合支援係
先頭へ ホーム