高額介護サービス費について(令和3年8月から利用者負担上限額が見直されます)

高額介護サービス費とは

 高額介護サービス費とは、同じ月に利用した介護保険サービスの利用者負担額が利用者負担上限額を超えたとき、超えた分があとから払い戻される制度です。利用者負担上限額は、利用した方の収入等によって分かれています。

 なお、食費及び居住費(滞在費)、住宅改修費、福祉用具購入費、介護保険非適用の費用、支給限度額を超えて利用した際の利用者負担額は対象となりません。

 

利用者負担上限額

利用者負担段階区分 利用者負担上限額
現役並み所得者世帯(※) 44,400円(世帯)
市民税課税世帯 44,400円(世帯)
世帯全員が市民税非課税 24,600円(世帯)

世帯全員が市民税非課税で前年の合計所得金額及び課税年金収入額の合計が80万円以下のかた

15,000円(個人)
生活保護受給のかた

15,000円

※同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上のかたがいて、その世帯の65歳以上のかたの収入が単身の場合383万円以上、2人以上いる場合520万円以上ある世帯のかた。

 

利用者負担上限額(令和3年8月利用分から見直されます)

 令和3年8月1日以降に利用された介護保険サービス分より、一定年収以上の高所得者の負担上限額が以下のとおり見直されます。(赤字が見直しで新設された箇所です

利用者負担段階区分 利用者負担上限額
課税所得690万円以上 140,100円(世帯)
課税所得380万円~690万円未満 93,000円(世帯)
市民税課税~課税所得380万円未満 44,400円(世帯)
世帯全員が市民税非課税 24,600円(世帯)
世帯全員が市民税非課税で前年の公的年金等収入金額及びその他の合計所得金額の合計が80万円以下のかた 15,000円(個人)
生活保護受給のかた等 15,000円

詳細は下記をご覧ください。

高額介護サービス費の負担限度額が変わります(厚生労働省).pdfPDFファイル(770KB)

 

申請手続きについて

 高額介護サービス費支給に該当したかたへ、初回申請の場合のみ、市からお知らせと申請書が送られます。一度申請されますと、高額介護サービス費の支給に該当した場合、申請時に指定した口座へ自動的に振り込まれます。再度の申請手続きは不要です。

申請上の注意

・申請書は漏れなく記入ください。

・原則として、振込先口座は被保険者(介護保険サービス利用者)本人名義の口座を指定してください。本人以外の口座を振込先に指定する場合は、委任状が必要となります。

・ゆうちょ銀行の口座を指定する場合は、振込用の「店名・預金種目・口座番号(7ケタ)」を記入してください。

提出先

〒034ー8615 十和田市西十二番町6番1号

十和田市役所 高齢介護課

支給について

・原則として、受付した月の翌月末払いになります。なお、書類の不備等により、この限りではない場合もあります。

・支給日が決定した後は、市から支給決定のお知らせが送られます。

ご注意

・介護保険サービス等を利用した実績は、利用した月の翌々月に市に報告されます。その実績に基づいて審査を行うため、支給まで最短で3か月ほど要します。

・事業者による請求誤り等により、高額介護サービス費等に過不足が生じた場合、翌月以降に支給される金額で調整を行います。

・支払い口座として指定した口座を変更する、支店の統合等により口座が改まった等の場合は、口座変更の手続きが必要となります。

この記事へのお問い合わせ
認定給付係
先頭へ ホーム