保育施設等において新型コロナウイルス感染症の感染者・濃厚接触者が発生した場合の対応について

保育施設等において感染者・濃厚接触者が発生した場合

市では、市内の保育施設や仲よし会において新型コロナウイルス感染症の感染者・濃厚接触者が発生した場合、国、県の対応方針に基づき、以下のとおりとしますので、ご理解、ご協力をお願いします。 

 

  • 児童又は職員が感染した場合は、保健所の指導に基づき、当該施設と十分協議の上、市が一部又は全部の臨時休園を判断します。 
  • 児童又は職員が濃厚接触者として特定された場合は、当該児童又は職員の登園自粛を要請します。 

   

  登園自粛・自宅待機期間は、感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間とします。

 

感染者・濃厚接触者への配慮について

施設では、感染からお子様を守るため、細やかに気を配りながら、一生懸命保育を行っております。

 

万が一、感染者や濃厚接触者が発生した場合でも、感染者をはじめ、そのご家族、施設の職員などに対して、個人情報を特定するような行為、誹謗中傷、差別が生じないよう、冷静な行動をお願いします。

この記事へのお問い合わせ
こども給付係
先頭へ ホーム