重度心身障害者医療費

概要

保険診療のうち、自己負担分にかかる医療費について助成します。(入院食事代、診断書代、入院の差額ベッド代など保険診療外のものは対象外)

(注)他の医療費助成制度が優先される場合があります。

対象者

  1. 身体障害者手帳1級・2級と内部障害3級(ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害及び肝臓機能障害を除く)に該当する方
  2. 愛護手帳程度Aに該当する方
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級に該当する方

以下に該当する方は対象となりません。

  • 65歳以上で新たに1. ~3. となった方
  • 65歳以上で市民税課税世帯に属する方
  • 65歳以上で後期高齢者医療制度に加入していない方

自己負担について

  • 市民税課税世帯・・・自己負担1割(1月あたり外来18,000円(年間144,000円)、入院57,600円を上限(年間4回以降44,400円))
  • 市民税非課税世帯・・・自己負担0割

 手続きに必要なもの

  • 障害者手帳
  • 健康保険証
  • 本人名義の預金通帳
  • 印鑑
  • 個人番号カードまたは通知カード

助成までの流れ

国民健康保険、社会保険の方

  • 重度心身障害者医療費受給者証と保険証を医療機関窓口に提示する
  • 受給者証の「一部負担金の割合」に記載の分を支払う
    (注)県外の医療機関を受診した場合は、償還払いとなります。

後期高齢者医療の方

  • 償還払いとなるため、保険証のみで医療費を支払う
  • 領収書と印鑑を持参し、生活福祉課福祉係で重度医療費の支給申請を行う(領収書の代わりに、申請書に医療機関が医療費を証明してもらうことでも可)

更新手続きについて

令和2年度から自動更新され、対象者の方には毎年9月末までに郵送で受給者証等を送付しますので、窓口での更新の手続きは必要ありません。

手続きするところ

市役所生活福祉課福祉係(本館2階 6番・7番窓口)   

この記事へのお問い合わせ
福祉係
先頭へ ホーム