マスクをつけられない方へのご理解をお願いします

マスクをつけられない人がいます

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、外出時はマスクを着用することが新しい生活様式の一つとされていますが、マスクを着けたくても着けられない方々がいます。

 

発達障がい、感覚過敏、脳の障がい、皮膚の病気、呼吸器の病気など、さまざまな原因でマスクを着けると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変が生じてしまう方々です。

 

周囲からは、わがままと誤解されたり、厳しい視線を向けられたり、心無い批判を受けることもあります。

 

当事者も家族もマスクを着けることをあきらめているのではなく、少しずつ着用の練習をしている方もおります。皆様のご理解をお願いいたします。

 

厚生労働省ホームページ

マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

この記事へのお問い合わせ
福祉係
先頭へ ホーム