セーフコミュニティの自治体ネットワークが設立されました

11月17日、神奈川県厚木市役所で「全国セーフコミュニティ推進自治体ネットワーク会議」の設立総会が開催されました。


このネットワーク会議は、世界保健機関(WHO)セーフコミュニティ協働センターが認証するセーフコミュニティ(SC)に取り組む自治体で構成され、関係自治体の連携強化を図り、SC活動や認証、再認証に関する情報交換、人的な活動交流を目的としたネットワークの構築を目指すものです。


設立総会には、SC認証取得の京都府亀岡市、神奈川県厚木市、十和田市のほか、認証取得を表明している自治体の9自治体の首長などが出席。会則や役員、平成23年度事業計画を承認しました。今後は全国にSC普及啓発を図り、安全安心なまちづくりの輪を広げていくこととしています。

 

また、3月11日に東日本大震災が発生したことで、防災面の連携協定が提案され承認されました。

 

全国セーフコミュニティ推進自治体ネットワーク会議名簿(平成23年11月17日現在)

役職 都道府県・市区町村名 SC認証月日
会長(事務局) 神奈川県厚木市長 平成22年11月認証
副会長 京都府亀岡市長 平成20年3月認証
副会長 青森県十和田市長 平成21年8月認証
幹事 長野県箕輪町長  
幹事 東京都豊島区長  
幹事 長野県小諸市長  
幹事 神奈川県横浜市栄区長  
幹事 大阪府松原市長  
幹事 福岡県久留米市長  

設立総会で自治体間の連携強化を誓い合った

この記事へのお問い合わせ
セーフコミュニティ係
先頭へ ホーム