不正な大麻・けしを発見したら県内各保健所へ通報を!

目的

大麻・けしに係る事犯の発生は、関係機関の努力にもかかわらず依然として跡を絶たない現状にあります。

これは、大麻・けしに係る正しい知識が欠如していること、事犯につながる大麻が多数自生していること及び関係法令が十分に周知されていないことに起因するものです。
そこで、青森県では毎年6月1日から9月30日までの4ヶ月間「不正大麻・けし撲滅運動」を実施し、県民の皆様へ大麻・けしの正しい知識を啓発するとともに、県内において自生又は不正栽培される大麻及びけしの除去を推進しています。

 

不正な大麻・けしを発見した場合の通報先

青森県内で不正な大麻・けしを発見した場合は、下記の県内各保健所又は県庁医療薬務課へ通報をお願いします。

  • 上十三保健所:電話 0176-23-4261
  • 東地方保健所:電話 017-739-5421
  • 弘前保健所:電話 0172-33-8521
  • 三戸地方保健所:電話 0178-27-5111 内線291
  • 五所川原保健所:電話 0173-34-2108
  • むつ保健所:電話 0175-31-1388
  • 県庁医療薬務課:電話 017-734-9289

 

問い合わせ先

青森県健康福祉部医療薬務課 薬務指導グループ

電話017-734-9289

 

参考

【青森県庁】大麻・けし撲滅運動についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

【厚生労働省】大麻・けしの見分け方このリンクは別ウィンドウで開きます

この記事へのお問い合わせ
健康管理係
先頭へ ホーム