eLTAX又は光ディスク等による給与支払報告書等の提出義務基準が引き下げられました。

令和3年(2021年)1月以後に提出する給与支払報告書または公的年金等支払報告書について、前々年における給与所得又は公的年金等の源泉徴収票の税務署へ提出すべき枚数が100枚以上であった事業所等は、eLTAX又は光ディスク等による提出が義務付けられます。

 

例えば、平成31年(2019年)1月に税務署へ提出すべき給与所得の源泉徴収票の枚数が110枚の場合は、令和3年1月に各自治体へ提出する給与支払報告書については、eLTAX又は光ディスク等により提出する必要があります。

 

※平成30年度の税制改正に伴う義務化ですので、該当する事業所でまだ手続きがお済でない場合はお早めにご準備ください。

 

留意事項

給与所得又は公的年金等の源泉徴収票の光ディスク等の提出については、国税庁ホームページ「法定調書の光ディスク等による提出のご案内」をご覧ください。

 

国税庁ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

地方税ポータルシステム(eLTAX)について

地方税ポータルシステム(eLTAX:エルタックス)は、地方税の手続きを電子的に行うシステムです。地方税の申告や納税を窓口に出向くことなく、自宅やオフィス等のパソコンからインターネットを通じて簡単に行うことができます。

eLTAXを利用するにあたりパソコン環境やインターネット接続環境等の必要なものを事前に準備していただくものがあります。詳しくは地方税共同機構のホームページをご覧ください。

 

地方税共同機構 地方税ポータルシステムこのリンクは別ウィンドウで開きます

この記事へのお問い合わせ
市民税係
先頭へ ホーム