納税義務者について

納税義務者(課税されるかた)


市内に住民登録のある個人

均等割:あり

所得割:あり

市内に事務所・事業所や家屋敷を持っている個人で、市内に住民登録のないかた

均等割:あり

所得割:なし

 

※市内に住民登録があるかどうか、また家屋敷を持っているかどうかは、その年の1月1日現在(これを賦課期日といいます)の状況で判断されます。

 

課税されないかた

均等割・所得割のかからないかた

  • 生活保護法による生活扶助を受けているかた
  • 障害者、未成年者、寡婦・寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下のかた


均等割のかからないかた

前年中の合計所得金額が次による額以下のかた

(1)扶養親族のいないかた

28万円以下のかた

(2)扶養親族のいるかた

28万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の数)+16万8千円


所得割のかからないかた

前年中の総所得金額等が次による額以下のかた

(1)扶養親族のいないかた

35万円以下のかた

(2)扶養親族のいるかた

35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の数)+32万円

 

※控除対象配偶者には、配偶者特別控除を受けた場合は含まれませんのでご注意ください。

※毎年行われる税制改正により、加算額等が改正になる場合があります。

この記事へのお問い合わせ
市民税係
先頭へ ホーム