所得の種類

所得の種類には、次の10種類があり、所得金額の計算方法は次の通りです。

数種類の所得がある場合は、それらを合計します。 

1)利子所得

公債、社債、預貯金などの利子

収入金額

2)配当所得

株式や出資金の配当など

収入金額-借入金の利子

3)不動産所得

家賃、地代、権利金など

収入金額-必要経費

4)事業所得

事業をしている場合に生じる所得

収入金額-必要経費

5)給与所得

給与、賃金、賞与など

収入金額-給与所得控除

6)退職所得

退職金、退職手当など

(収入金額-退職所得控除額)×2分の1

7)山林所得

立木(山林)を売った場合に生じる所得

収入金額-必要経費-特別控除額(最高50万円)

8)譲渡所得

土地・建物や株式、ゴルフ会員権などの資産を売った場合に生じる所得

土地・建物<分離課税>

収入金額-土地・建物の取得価格などの経費-特別控除額

株式<分離課税>

収入金額-株式の取得価格や売却などの経費

その他<総合課税>

収入金額-資産の取得価格などの経費-特別控除額(最高50万円)
※長期譲渡所得は2分の1が課税対象

9)一時所得

賞金、競馬等の払戻金、生命保険等の満期返戻金など

収入金額-必要経費-特別控除額(最高50万円) ※2分の1が課税対象

10)雑所得

1)~9)以外の所得

収入金額-必要経費

この記事へのお問い合わせ
市民税係
先頭へ ホーム