新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金とは

 新型コロナウイルス感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し、地方創生を図ることを目的に交付されます。

 

交付限度額

 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の交付限度額は次のとおりです。

 

◆令和2年度

(単位:千円)

第一次配分額 274,366
第二次配分額 859,403
第三次配分額 418,265
第三次配分額(補助裏分) 75,455
交付限度額 計 1,627,489
うち令和3年度へ繰越 150,000
令和2年度交付額 1,477,489

 

◆令和3年度

(単位:千円)

令和2年度からの繰越分       150,000
補助裏分(1) 3,369
事業者支援分 73,670
令和3年度補正分 401,268
補助裏分(2) 11,997
交付限度額計 640,304
うち令和4年度へ繰越 220,000
令和3年度交付額 420,304

 

実施状況及び効果検証

 各地方公共団体においては、事業終了後に交付金を活用して実施した事業の実施状況及びその効果について公表することとなっており、公表に当たっては、ホームページへの掲載により、その内容を一般に閲覧できるようにするなど、広く透明性を持った手法で行うこととなっています。

 このことから、臨時交付金を活用した事業の実施状況及び効果の検証について公表するものです。

 

→令和2年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金実施状況及び効果検証PDFファイル(1001KB)

→令和3年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金実施計画
PDFファイル(697KB)

この記事へのお問い合わせ
政策財政課 財政係
先頭へ ホーム