十和田市の統計資料 住宅・土地統計調査

住宅・土地統計調査は、全国の住宅及び住宅以外で人が居住する建物に関する実態並びに現住居以外の住宅及び土地の保有状況その他の住宅等に居住している 世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域別に明らかにすることにより、住生活関連諸施策の基礎資料を得ることを目的としています。
この調査は、昭和23年以来5年ごとに実施してきた住宅統計調査の調査内容等を平成10年調査時に変更したもので、平成25年調査はその14回目に当たります。
この調査の結果は、住生活基本法に基づいて作成される住生活基本計画、土地利用計画などの諸施策の企画、立案、評価等の基礎資料として利用されています。
また、住宅・土地に関する分析、学術研究などの分野においても、各府省が作成する白書や都市・住宅・防災問題等の研究などにも活用されています。
なお、この調査は全数調査ではなく、標本調査により行われています。調査の対象となった市民のみなさま、調査にご協力いただきありがとうございました。

 

  1. 居住世帯の有無(8区分)別住宅数及び住宅以外で人が居住する建物数の推移PDFファイル(134KB)
    昭和43年~平成25年
  2. 住宅の種類(2区分),住宅の構造(6区分),建築の時期別居住世帯のある住宅数の推移PDFファイル(197KB)
    昭和43年~平成25年
  3. 住宅の建て方(4区分),住宅の所有の関係(5区分)別居住世帯のある住宅数の推移PDFファイル(130KB)
    昭和48年~平成25年
  4. 建築の時期(6区分),住宅の購入・新築・建て替え等(7区分)別持ち家数の推移PDFファイル(121KB)
    平成15年~平成25年

 

外部リンク

この記事へのお問い合わせ
政策企画係
先頭へ ホーム