介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

高齢化が進む中で、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるように、地域全体で高齢者を支えていく体制を作り上げていくために、「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」を実施します。 

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)とは

総合事業は、高齢者の介護予防と自立した日常生活の支援を目的とした事業で、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」のふたつからなります。

 

平成29年4月から、介護予防(給付)サービスの中で、これまで全国一律のサービスであった「介護予防訪問介護」及び「介護予防通所介護」が、自治体(介護保険者)が実施する「介護予防・生活支援サービス事業」に移行されました。

十和田市では平成29年4月から総合事業を実施し、65歳以上の方を中心に介護予防や日常生活の自立を支援していきます。 

また、令和3年4月からの介護報酬改定に伴い、パンフレットも改訂いたしました。  

 

総合事業に関するパンフレットはこちらをご覧ください。

令和3年4月~総合事業パンフレット(A3両面)PDFファイル(1164KB)

 

総合事業で利用できるサービス

介護予防・日常生活支援総合事業には、要支援1・2の認定を受けた人や、基本チェックリストにより生活機能の低下が見られた人が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上のすべての人が利用できる「一般介護予防事業」があります。

 

1.介護予防・生活支援サービス事業

要介護認定で要支援に認定されたかた及び、基本チェックリストにより総合事業の対象者と判定されたかたが対象となります。 

2.一般介護予防事業

65歳以上のすべての高齢者を対象として、介護予防のための取り組みを行っています。 

 

元気なうちから介護予防に取り組みましょう! 

(チラシ)介護予防を取り入れてみましょうPDFファイル(770KB)

 

総合事業利用までの流れ

要支援1・2の認定を受けているかたは、更新の際に、利用しているサービス等により「要介護認定の更新」か「基本チェックリストの実施」か更新方法を選択します。

(チラシ)チェックリストが始まりますPDFファイル(649KB)

 

基本チェックリストとは、日常生活に必要な機能が低下していないかを調べるための質問票です。介護予防・生活支援サービス事業は、基本チェックリストの判断に基づき迅速に利用することができます。

 

令和3年4月1日~基本チェックリスト実施対象者確認票PDFファイル(115KB)

令和3年4月1日~基本チェックリスト実施対象者確認票エクセルファイル(13KB)

令和3年4月1日~十和田市介護予防・日常生活支援総合事業利用申請書PDFファイル(164KB)

令和3年4月1日~十和田市介護予防・日常生活支援総合事業利用申請書エクセルファイル(29KB)

 

まずは相談ください!

地域包括支援センターは、高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心して暮らしていくために、必要な援助・支援を行う地域の総合相談窓口です。

介護予防・日常生活支援総合事業や介護保険サービスの利用について、わからないことや相談があるときには、地域包括支援センターへお問い合わせください。 

   

介護予防・日常生活支援総合事業(事業所用)についての説明はこちらをご覧ください。

この記事へのお問い合わせ
認定給付係
先頭へ ホーム