認知症の人を見守るためのGPS端末利用について初期費用を助成します

 十和田市では、認知症等により自宅に戻れなくなるおそれのある高齢者等の位置情報を家族等が日常的に確認することで、高齢者等が行方不明となった際の早期発見と安全確保につながるよう、GPS端末を利用した位置情報通知サービスの利用について初期費用の一部を助成します。

助成内容

GPS端末による位置情報通知サービス利用の初期費用(上限11,000円)

※購入する前に申請が必要です。(購入後の申請は助成対象外です。)
※GPS端末利用対象者1人につき1回のみの助成となります。
※月々の利用料等は自己負担です。

GPSをすると

チラシはこちらからダウンロードできますPDFファイル(582KB)

GPS端末の利用対象者

次の⑴~⑶のすべてにあてはまる方。
⑴ 本市に住所を有し、入院または施設入所をしていない方
⑵ 十和田市徘徊高齢者等支援事業の事業対象者に利用に登録している方 (※)
⑶ 介護保険料の滞納がない方

十和田市徘徊高齢者等支援事業対象者への利用登録についてはこちらをご覧くださいこのリンクは別ウィンドウで開きます

申請できる方

実際に初期費用を支払う方

申請方法

⑴申請書に必要事項を記入し、添付書類を添えて提出します。

 【添付書類】

 ・契約を予定しているGPS端末の初期費用を確認できる書類

 【持参するもの】

 ・GPS端末利用者の認印

 ・GPS端末利用対象者の身分証明書

 ・申請者の身分証明書

 (身分証明書の例:個人番号カード、運転免許証、健康保険証)

⑵十和田市が申請内容を審査し、助成の可否について申請者に通知します。

⑶助成を受けられる場合には、申請者がGPS取扱事業者と契約し、費用を支払います。

 ※この時、契約書と領収書を保管しておいてください。実施報告をする際に使用します。

⑷申請者が下記の書類を提出します。

 ・利用実績報告書

 ・契約書の写し

 ・領収書の写し

 ・助成金交付請求書

⑸申請された口座へ十和田市が助成金を振り込みます。

申請場所

十和田市役所 高齢介護課 高齢者総合支援室(本館1階9番窓口)

各種様式

申請書(令和4年度版)ワードファイル(42KB)

実績報告書(令和4年度版)ワードファイル(38KB)

助成金交付請求書(令和4年度版)ワードファイル(38KB)

利用変更(中止)報告書(令和4年度版)ワードファイル(36KB)

イラスト

この記事へのお問い合わせ
高齢介護課 高齢者総合支援室
先頭へ ホーム