スマートフォン決済アプリによる水道料金・下水道使用料のお支払いができます

 令和3年4月1日より、スマートフォンアプリを利用して水道料金・下水道使用料のお支払いができるようになりました。納入期限日までは、ダウンロードした専用アプリから納入通知書に印刷されているバーコードを読み込むことで、いつでもどこでも支払いが可能となります。

 

納付できる料金

水道料金

下水道使用料

 

利用可能な電子マネーアプリ

LINE Pay(取扱上限額49,999円)

PayPay(取扱上限額300,000円)

楽天銀行(取扱上限額300,000円)

PayB(取扱上限額300,000円)

au PAY(取扱上限額250,000円)

銀行Pay(取扱上限額300,000円)

の6種類です。

※取扱上限額とは、一度に払込みできる上限額です。

 

利用に関する注意事項(お支払い手続きを進める前に必ずお読みください)

・コンビニ等納付用のバーコードが印字されている納入通知書であれば利用可能です。ただし、納入期限日を過ぎると利用できません

領収書は発行されませんので、アプリの利用明細や銀行口座の入出金取引明細などで納付実績をご確認ください。

・市で納付確認ができるまでに3週間程度かかりますので、すぐに納入済証明書などが必要な場合は、金融機関やコンビニエンスストアなどでお支払いください。

・アプリによる決済手数料は不要ですが、インターネット通信料は利用者負担となります。

※二重納付防止のため、お支払いした納入通知書は破棄してください。

 

スマートフォン決済アプリの詳しい利用方法(各アプリによる納付手順)などについては、公式ホームページからご確認ください

この記事へのお問い合わせ
料金徴収係
先頭へ ホーム