水道管の凍結にご注意ください!

気温が氷点下になると水道管の水が凍り、水が出なくなったり破裂する恐れがあります。 

天気情報などに注意しながら水道管を凍結させないようにしましょう。

寒さ対策に慣れていない12月と1月は、毎年凍結件数が多くなります。

外気温が氷点下になる夕方から翌朝にかけては、特に注意をしましょう。

ちょっとした油断で水道料金の請求額が高額になることも

 

凍結を防ぐには

就寝前や留守のときは、元栓(水抜栓・不凍結水栓)を完全に閉め、蛇口を開放して水抜きをします。

瞬間湯沸器なども水抜きを忘れないようにしましょう。

水抜栓・不凍結水栓のハンドルは、確実に全開または全閉しないと水抜き口から漏水することがあります。

また、蛇口にホースなどを接続したままで水抜きをしても凍結する場合があります。 

むき出しの水道管は特に注意が必要です。保温材などで保温しましょう。

 

水道(給水装置)の維持管理をしましょう

配水管から各家庭に引き込みをしている給水管や蛇口などの給水装置(メーターを除く)は、使用する人の大切な財産です。

給水装置は、使用者ご自身で維持管理しましょう。

 

万が一、凍結したら

凍結(漏水)などにより修理が必要なときは、十和田市指定給水装置工事事業者に直接依頼してください。

※水道メーターから、各家庭につながっている水道管の修理については各個人の負担となります。

※年末年始は休業する業者もありますのでご注意ください。

 

十和田市指定給水装置・排水設備工事事業者一覧表のページへ

この記事へのお問い合わせ
給水装置係
先頭へ ホーム