屋外広告物の点検義務について

屋外広告物の点検が義務化されました

平成29年3月27日に青森県屋外広告物条例の一部が改正され、10月1日より施行されました。

これにより、これまで任意としていた広告物の点検について、表示者等に、適切な時期に屋外広告物士等の専門知識がある者に点検させる責務が定められました。

改正の具体内容

屋外広告物の点検

これまで任意としていた屋外広告物等の点検について、表示者等に、適切な時期に屋外広告物士等の専門知識がある者に点検させる責務があることを定められました。許可の要不要にかかわらず、全ての屋外広告物等(はり紙等を除く)について点検が義務付けられます。

 

更新許可申請時に「屋外広告物等安全点検報告書(第3号様式)PDFファイル(100KB)」により屋外広告物等の安全点検を行わなければなりません。

点検の対象とする屋外広告物

屋外広告物等で、はり紙、はり札等、立看板、幕、広告旗、アドバルーンを除く全ての屋外広告物を点検の対象とします。

点検者の資格要件

   (令和元年8月7日青森県屋外広告物条例施行規則の一部改正)

以下のいずれかの資格を有するものが点検を行う必要があります。

  • 屋外広告士
  • 都道府県・政令市・中核市が広告物の表示及び提出物件の設置に関し必要な知識を習得させることを目的として行う講習会の課程を修了した者
  • 広告美術仕上げに関する職業訓練指導員免許取得者、技能検定合格者及び職業訓練修了者
  • 一般社団法人日本屋外広告業団体連合会及び公益社団法人日本サイン協会が行う屋外広告物点検技能講習を修了した者
  • 1級建築士、2級建築士及び木造建築士 

点検の実施時期

表示等の許可を必要とする屋外広告物:許可の更新の申請日前2ヶ月以内

 

更新手続きに関して

屋外広告物等許可期間更新の手続きについてのページを参照ください。

 

様式

申請届出様式ダウンロードサービス(都市整備建築課)のページからダウンロードしてください。

この記事へのお問い合わせ
都市政策・空き家対策係
先頭へ ホーム