十和田市民文化センターの手続きについて

 

申し込み・お支払方法

お問い合わせ:十和田市民文化センター 0176-22-5200

申し込み受付期間

使用月の12か月前から使用日の15日前まで

※商品宣伝・展示即売・社員研修及び会社説明などに類する目的の申請は、使用月の6カ月前から使用日の7日前までとなります。

申し込み方法

使用月の12カ月前から毎月1日に使用月1カ月分の予約を調整する「施設予約抽選会」と、その後随時、先着順で受け付ける「通常予約」があります。 

施設予約抽選会

新型コロナウイルス感染防止対策を取りながら、市民文化センターで行います。 

  • 受付日 使用月の12カ月前の毎月1日 ※1月分は1月5日に受け付けします。 
  • 受付時間 午前8時40分までにお越しください。 

 

通常予約

  • 受付期間 使用月の12カ月前から使用日の15日前まで 
  • 受付時間 午前9時~午後5時 
  • 予約の流れ
  1. 市民文化センターに電話をし、施設の空き状況を確認(0176-22-5200)
  2.  使用許可申請書を記入し、持参か郵送により提出 

    (〒034-0083 十和田市西三番町2-1 十和田市民文化センター宛て)

申請書

使用の許可

申請書が到着後、料金を計算し、使用許可書と請求書を送付します。

連続使用時間

同一使用者が使用するときは、引き続き5日間を超えることができません。(休館日を除く)

使用料のお支払方法

施設使用料(冷暖房費含む)は前納となっています。許可後ただちにお支払いください。

付属設備などの料金は、使用後のお支払いとなります。

許可後の変更

使用内容の変更、または使用の取り消しをしようとするときは、許可書を添えて速やかに届け出て許可を受けてください。

 

使用許可事項変更承認申請書PDFファイル(47KB)

使用許可事項変更承認申請書.docxワードファイル(8KB)

使用許可取消届出書PDFファイル(49KB)

使用許可取消届出書.docxワードファイル(8KB)

使用料の還付

使用を取り消した場合のお支払い済み使用料については、下記期限までに「使用許可取消届出書」および「使用料還付申請書」を提出していただきますと、使用料の全部または一定額をお返しします。

取消届出書の届出期限 還付する額
使用日の15日前まで 使用料の全額
使用日の7日前まで 施設利用料以外の使用料の額

使用料・観覧料還付申請書PDFファイル(74KB)

使用料・観覧料還付申請書.docxワードファイル(9KB)

 

施設使用料

  • 休日とは、日曜日および国民の休日をいいます。
  • 使用時間の区分は、午前は9~12時、午後は13時~17時、夜間は18~22時となります。
  • 準備・後片付けに要する時間は使用時間に含みます。

市民文化センター施設使用料

施設名 午前 午後 夜間 全日
大ホール  平日  16,500円 27,500円 33,000円 71,500円
大ホール  土曜・休日  22,000円 33,000円 38,500円 88,000円
楽屋1(和室)  550円 1,100円 1,650円 3,300円
楽屋2  550円  1,100円 1,650円 3,300円
楽屋3  550円 1,100円 1,650円 3,300円
楽屋4  550円 1,100円 1,650円 3,300円
大ホールホワイエ  550円 1,100円 1,650円 3,300円

 

生涯学習センター施設使用料

施設名 午前 午後 夜間 全日

生涯学習ホール

( 電動式座席を使用しない)

平日 3,300円 5,500円 7,700円 16,500円
土曜・休日 4,400円 6,600円 8,800円 19,80 円

生涯学習ホール

(電動式座席を使用する)

平日 6,600円 8,800円 11,000円 26,400円
土曜・休日 7,700円 9,900円 12,100円 29,700円
準備室(楽屋) 1,100円 1,650円 2,200円 4,400円
生涯学習ホールホワイエ 330円 550円 770円 1,100円
和室1 1,650円 2,200円 2,750円 5,500円
和室2 1,650 円 2,200 円 2,750 円 5,500 円
第1研修室 1,650円 2,200円 2,750円 5,500円
第2研修室 1,100円 1,650円 2,200円 4,400円
第3研修室 1,100円 1,650円 2,200円 4,400円
第4研修室 2,200円 3,300円 5,500円 8,800円
第5研修室 550円 770円 1,100円 2,200円
第6研修室 330円 550円 770円 1,100円
第7研修室 1,100円 1,650円 2,200円 4,400円
第8研修室 1,100円 1,650円 2,200円 4,400円
第9研修室 550円 1,100円 1,650円 3,300円
第10研修室 1,100円 1,650円 2,200円 4,400円
天体観測室 550円 770円 1,100円 2,200円

 

付属設備使用料

  • 付属設備の使用料は、午前・午後・夜間に分けて、それぞれ1回の使用とみなして料金を計算します。
  • 電気・機械器具を持ち込んで使用したときは、消費電力に応じた料金を徴収します。

 

文化センター付属設備一覧PDFファイル(147KB)

生涯学習センター付属設備一覧PDFファイル(138KB)

看板等サイズ

大ホール

舞台横看板

横9.00メートル

縦0.90メートル

演題垂れ幕

4.5メートル

国旗

横2.25メートル

縦1.50メートル

スクリーン※電動式 

横12.00メートル

縦4.15メートル

生涯学習ホール

舞台横看板

横7.00メートル

縦0.90メートル

演題垂れ幕

2.5メートル

国旗

大 横1.80メートル×縦1.2mメートル

小 横1.24メートル×縦0.9メートル

スクリーン※電動式 

横7.18メートル

縦2.40メートル

 

使用料金の算出

使用料金は概ね以下の料金の合計となります。

 

文化団体等が利用する場合

利用料金 = 施設利用料 + 付属設備使用料 + 入場料加算 + 冷暖房費

 

会社等営利団体が利用する場合

利用料金 = 施設利用料 + 付属設備使用料 + 入場料加算 + 冷暖房費 + 営利加算

入場料加算

入場料を徴収する場合は、下表のとおり入場料に応じて使用料が加算されます。

入場料の額 加算割合
~1,000円 使用料の30%
1,001~2,000円 使用料の50%
2,001円~3,000円 使用料の80%
3,001円~ 使用料の100%

冷暖房費

冷暖房費として、次の期間は施設使用料の50%が加算されます。

冷房:7月1日~9月30日

暖房:11月1日~3月31日

※冷暖房期間以外に使用したときも施設使用料の50%が加算されます。

営利加算

営利を目的とした使用(営利企業や団体の商品説明、宣伝、即時転売、会議等)および物品の販売を行った場合は、その部屋の利用料金の200%を徴収します。

延長料金

許可された使用時間を超える使用(後延長)または使用開始時間前の準備(前延長)は、管理上支障のない場合に限り、どちらか一方の1時間を限度として使用できます。

この場合は、許可を受けた区分の使用料合計額の30%を徴収します。

大ホールおよび生涯学習ホールでのリハーサル等料金

大ホールおよび生涯学習ホールで、本番を行う直前の準備・練習に使用する場合の料金は次のとおりです。

入場料を徴収しない場合

時間区分の使用料の30%

入場料を徴収する場合

施設使用料と同額

利用にあたっての注意

使用時間

施設の使用時間は、仕込み・準備・観客の入場及び退場、後片付けの時間を含みます。使用許可時間内にすべて完了するようしてください。許可時間を超えた場合は延長料金がかかります。

また、利用時間は開館の9時からです。準備等でも開館前施設の使用はできません。

整理員および係員の配置

受付や入場整理(駐車場を含む)、進行にかかるスタッフは使用者側で配置をお願いします。

また、入場時の混乱が予想される場合は、十分な入場整理員を配置してください。

催し物の事前打ち合わせ

催事を円滑に進行させるため、使用日の2週間前までにプログラムと進行スケジュール等を持参のうえ、舞台担当職員と打ち合わせをしてください。

使用者の準備物

  • 催事に必要な案内等の看板、ポスター、事務用品等は使用者で用意してください。
  • 湯のみ・茶碗等は現在貸出を停止しております。

使用権利の譲渡の禁止

当施設使用の権利を譲渡したり、転貸したりすることは認められません。

使用許可の取り消し

次の場合は、すでに使用を許可している場合であっても、使用の取消・停止をすることがあります。

  1. 使用条件や条例・規則で定められた事項に違反したとき
  2. 公の秩序を乱し、善良な風俗を乱すおそれがあるとき
  3. 災害や事故で施設が使用できなくなったとき
  4. 偽りその他不正の手段により使用許可を受けたとき
  5. その他、管理上必要と認めるとき

その他

  • 使用責任者は、使用前・使用後に必ず事務室にお立ち寄りください。
  • 使用者の過失により建物および器物等に損失・損傷を与えたときは弁償していただくことがございます。損失・損傷があった場合は、速やかに施設職員へご連絡ください。
  • 車で来館する関係者および入場者には、近隣店舗、周辺道路への駐車をしないよう徹底してください。
この記事へのお問い合わせ
文化係
先頭へ ホーム