十和田市まちづくり基本条例

地方分権が推進され、地域の課題は地域で考える「自己決定」と「自己責任」に基づいた市政運営が求められています。また、少子高齢・人口減少社会の到来や市民ニーズの多様化などにより、社会環境は大きく変化し、従来の市政運営では、様々な課題に対応することが難しくなってきています。
そのため、十和田市では、市民をはじめ多様な主体が担い手となり、まちづくりを推進する上で自治に関する基本的なルールを定める「十和田市まちづくり基本条例」を平成24年7月5日に制定し、平成25年4月1日から施行いたします。

新着情報

2013年04月01日 十和田市まちづくり基本条例が施行されます。

2012年07月05日 「十和田市まちづくり基本条例」を制定しました。PDFファイル(293KB)

2012年04月12日 十和田市自治(まちづくり)基本条例素案に対するご意見を募集しています。※終了しました。

2012年03月07日 十和田市自治基本条例市民検討委員会が提言書及び検討結果報告書を市へ提出しました。

2012年02月24日 第21回市民検討委員会開催状況を掲載しました。

2012年02月10日 十和田市自治基本条例ホームページを開設しました。

 

自治基本条例とは?

自治(まちづくり)基本条例は、地域課題への対応やまちづくりについて基本的なルールを定めたもので、この条例に基づいて、3者が協働して十和田市のまちづくりに努めていきます。情報の共有や市民参加・協働などの自治の基本原則、市民・議会・行政の役割と責任、情報公開、計画・審議会などへの市民参加や住民投票など自治を推進する制度についてあらためて確認することが、この条例を制定する大きな理由です。そして、都市宣言や市民憲章とは異なり、計画行政の前提となる理念とルールを明示しています。
十和田市では、自治基本条例市民検討委員会の設置、市民意識調査の実施等を通じて、条例制定に向けて取り組んできました。

 

十和田市まちづくり基本条例パンフレットPDFファイル(2693KB)

十和田市まちづくり基本条例PDFファイル(293KB)

 

この記事へのお問い合わせ
政策企画係
先頭へ ホーム