保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業の利用について

申込書の配布

申込に必要な書類は、十和田市役所こども支援課こども保育係で配布します。

または下記からダウンロードできます。

受付場所

十和田市役所こども支援課こども保育係

申し込みにはマイナンバーが必要です

申請書にマイナンバーを記載していただく必要があります。

申請の際には、申請者のマイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードと、顔写真付きの本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート)などをお持ちください。

顔写真付きの本人確認ができるものを持っていないかたは、健康保険証、年金手帳などの2種類の本人確認ができるものが必要です。

代理のかたが申請される場合は、代理人の本人確認ができるもの(顔写真付き)と委任状が必要です。

利用できる施設と手続きの方法

支給認定

保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業を利用する場合、2号から3号までの支給認定を受ける必要があります。

2号認定

対象 満3歳以上で、保育を希望
利用施設

・保育所

・認定こども園(保育部分)

保護者の状況

月48時間以上の就労/妊娠・出産・育児休業中/保護者の病気や障害/親族の看護・介護/災害復旧/求職活動/就学など

3号認定

対象 満3歳未満で、保育を希望
利用施設

・保育所

・認定こども園(保育部分)

・地域型保育事業

保護者の状況

月48時間以上の就労/妊娠・出産・育児休業中/保護者の病気や障害/親族の看護・介護/災害復旧/求職活動/就学など

保育の必要量に応じた区分

2号認定または3号認定を受けるかたは、保護者の就労等の状況により「保育標準時間」と「保育短時間」に区分されます。

保育標準時間(最大11時間の利用) 就労の場合、ひと月あたり120時間以上の就労
保育短時間(最大8時間の利用) 就労の場合、ひと月あたり48時間以上120時間未満の就労

利用できる施設など

施設区分 内容 利用時間
認定こども園 幼稚園と保育所の機能、特徴をあわせ持ち、教育と保育を一体的に行う施設

教育部分:昼過ぎ頃まで

保育部分:夕方まで

保育所 就労などで家庭で保育ができない保護者に代わって保育する施設 夕方まで
地域型保育事業

少人数の単位で、0~2歳の子どもを保育する事業

3歳以降の受け皿等を確保するため連携施設を設定

夕方まで

利用の手続きについて

保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業の利用を希望する場合

2号・3号の認定が必要です。

保育所・認定こども園(保育部分)・小規模保育事業利用案内保育利用案内

令和3年度ご利用希望の方 保育利用案内(令和3年度版)PDFファイル(508KB)

施設利用のために必要な様式

保育の必要性を証明する書類

会社等へお勤めの方

就労状況証明書(会社等)PDFファイル(72KB)

就労状況証明書(会社等)エクセルファイル(16KB)

自営業・農業の方

就労状況申告確認書(自営・農業)PDFファイル(169KB)

就労状況申告確認書(自営・農業)エクセルファイル(44KB)

病気やけが等の場合

診断書PDFファイル(77KB)

診断書エクセルファイル(17KB)

親族の介護・看護の場合

介護・看護申立書PDFファイル(72KB)

介護・看護申立書エクセルファイル(20KB)

災害復旧の場合

申立書PDFファイル(43KB)

申立書エクセルファイル(16KB)

求職活動の場合

求職申立書PDFファイル(47KB)

求職申立書エクセルファイル(13KB)

育児休業中の兄姉の利用

育児休業取得証明書PDFファイル(58KB)

育児休業取得証明書エクセルファイル(15KB)

利用者負担額(保育料)

利用者負担額(保育料)は、父母等の市民税額をもとに市が算定します。

令和元年10月から、3から5歳児の児童の保育料が無償になりました。0から2歳児に関しては、市民税非課税世帯が無償になります。

給食費(主食費・副食費)は引き続き保護者負担になります。副食費(おかず代)に関しては所得や同時入所の状況によって免除となる場合があります。免除者へは市より通知します。

2号・3号認定保育料表

令和3年度保育料表 令和3年度公表用保育料表23号PDFファイル(243KB)
この記事へのお問い合わせ
こども保育係
先頭へ ホーム